美容整形でコンプレックスから脱出!!

Posted by: syun39

11月 19th, 2014 >> 未分類

先日、ずっとコンプレックスだった奥二重を幅広の二重にする美容整形手術をしてきました。

それほど高額ではなかったのですが貯金もなかったので、美容整形ローンっていうのを利用して手術をしました。

参考→美容整形の費用がなくてお金を借りるのにおすすめのカードローン

今は、腫れも落ち着いて思った通りのまぶたになって満足をしています。

そんな私の止められないことについて書いてみようと思います。

私はこの世で一番、ミルクティーが好きです。ストレートで飲む紅茶と、ホット・アイス問わずミルクは飲めませんが、組み合わさると私にはやめることのできない代物になるのです。

とりわけ甘いものに目がないわけでもなく、正直なところはあまり甘いものは好みません。ミルクティーの次に好きなコーヒーを飲む際には必ず、ブラック無糖が私にとっての当たり前です。時たまカフェオレを買ってみたりしますが、基本的には甘くないコーヒーを好みます。ですから私にとってミルクティーは特別なものと言えます。唯一、私自信が好んで口にする甘いものですから、私にとっての特別であるわけです。
私がミルクティーを好きになったきっかけは、とても些細なものでした。それは、まだ私が高校生だった頃の話です。クラスのそれほど目立つ存在ではないけれど、私の中では一目置いていた女の子がいました。つやつやの綺麗な黒髪ショートヘアが似合う華奢な女の子でした。彼女はお昼休みの度に500mlの缶のミルクティーにピンクか青のストローをさして飲んでいました。たったそれだけのことです。しかし私にとっては何故だか魅力的に見えたのです。気づけば彼女と同じようにミルクティーを毎日飲むことが習慣づいていました。
しかし最近、私はミルクティーを一週間程飲んでいなかったことに気付きました。あれほど毎日、例えば依存性のように口にしていたものを全くといっていいほど忘れていたのです。約四年の間、私の身についた習慣はいとも簡単に離れて行ったのです。だからといって全く飲まなくなったのではなく、時たま思い出した際に飲むようになりました。その時の気分に合わせて、コーヒーだったり、お茶だったたり、ミルクティーだったりと、使い分けが上手になったとでも言うべきでしょうか。
兎にも角にも私は、ミルクティーを未だにやめることができません。しかし前ほどの執着心は確実に薄れてしまってはいますが、今でも一番すきなものはミルクティーです。クラスメイトだったあの子もまた、ミルクティーを好きでいることをやめないでいてくれたらいいなと思います。

 

前はありましたが、今はお小遣いを設定していません

Posted by: syun39

11月 1st, 2014 >> 未分類

結婚当初は家計簿をつけていたので月初に食費や日用品、主人のお小遣い、自分のお小遣いなどを袋分けして家計管理をしていました。
お小遣いの1万円の中で服や化粧品を買っていたのですが、ある時から服はセールの時期だけに買うというルールを作ったり、
必要な時に買うなどしていたら、お小遣いの意味がなくなってきたので、今ではお小遣いを設定していません。
もとから、友達付き合いにはあまりお金をかけないのでお金を使うとしたら化粧品と洋服です。
洋服はシーズンに3万円位をいっぺんにアウトレットなどで購入して、それ以外では衝動買いしないようにしています。
化粧品も、今は低価格の物にしてシートマスクやナノスチームケアなどをしてお手入れするようにしています。
主人の方から、お小遣いを設定してその範囲内でやってとお願いされれば、お小遣いを設定すると思うのですが、
主人は我が家の家計を全て私まかせにしているので口出ししてきません。

今では、必要な時に必要なものを安く買うことを心がけています。
子供もいるので、教育費なども結構かかります。
自分のものは出来るだけ安く、靴などいいものが必要なときは丈夫で履きやすいものを長く使うことにしています。
今のところお小遣いがなくて困っているということはありません。
自分のことは我慢できますが、結構子供の物を買ってしまうのが逆に悩みかもしれません。

主人は好きなもの買っていいよとかすぐに言ってくれる人なので、本当に欲しいものがあるときは
少し値が高くても買ってしまいます。
それでも、やはり専業主婦なので物を買うのは我慢しないといけないなと思っています。
よく働いている人は、自分が働いたお金で好きなものを堂々と買えると言いますが、
専業主婦でも子育て家事を頑張っているのは同じなのでご褒美があっていいと思います。
その点、主人は頑張りを認めてくれる人なのでありがたいです。

たまに短期のアルバイトしたりもしているのでその時のアルバイト代は使わずに貯めるようにしています。お歳暮の短期アルバイトがそろそろ始まるのでそれにも行く予定です。

コチラで見つけました→アルバイトお歳暮

貯めて、主人へのプレゼント代にしたりしていますよ。主人のお給料を貯めて買うより、自分が働いていただいたお金で買う方がプレゼントって感じがしますもんね。

少しの手間でしっかり貯金

Posted by: syun39

10月 17th, 2014 >> 未分類

収入の割りに出費が多いので貯金の額はけして多くはありませんが、無駄はなく、まぁまぁ貯金はできているほうだと思います。

我が家は事業をするために国金(国金の借り方※もっと早く融資・借入を受ける必要がありませんか?)でお金を借りていて、その返済もあるのですが、それは会社のお金から返済がきちんとできるようになったので私たち家族の生活自体はココ数年は安定しています。

私の場合は貯金のために日用品や食品のお買い物は頻繁に行かず、一週間に一回と決めています。

頻繁に行けばいくほど、必要のないものまでついかってしまうからです。一週間に1回にしぼることで本当に必要なものをよく吟味して買い物をすることができるので、費用をおさえることができ、その分を貯金にまわすことができます。

貯金をする際には、普通預金にあずけるのも良いと思うのですが、おろしたいと思った時にすぐにおろすことができるので、貯金をためたい、増やしたい人にはあまりよくないかもしれません。

私はある程度まとまったお金ができると必ず定期預金か外貨預金に預けるようにしています。こうすることで貯金をくずしにくくなります。

また、銀行の預金利率の良い海外の銀行に預けると、5年間の定期預金で5%の金利がつきます。お金を預けておくだけでお金が増えていくのでとても良いと思います。小銭に関しては、家に小銭貯金をしています。

100円、500円のもの、50円以下のものとわけて簡単にはあけることができない入れ物を用意し、お財布に小銭がたまったらそこにためていきます。まとまったら銀行に持っていき、両替してもらいます。お財布の中にはできるだけ大きなお金のみをいれておくようにしています。小銭がたくさんはいっているとついついすぐにお金をつかってしまうので、大きなお金(1万円札や5000円札)をいれてくずすのをためらうようにしています。

また、クレジットカードは出しやすいところにはいれず、出しにくいところにしまっておくようにしています。

短期のアルバイトは稼ぐことができる。

Posted by: syun39

10月 11th, 2014 >> 未分類

大学生になって一人暮らしをはじめたとき、仕送りが月に3万円しかありませんでした。
当時は今ほどの物価高ではありませんでしたが、それでも3万円というと食費を払ったらおしまいになってしまう額です。
教科書や参考書もさることながら、服もアクセサリーも欲しい年頃だったので、完全に「遊ぶ金欲しさ」(笑)でアルバイトをはじめました。
はじめは時給の高さにつられて個人経営の学習塾でアルバイトをしていました。
毎日大量の事務作業をこなすために午前様になっているのに、時給が付いているのは授業をやっている時間だけ…という待遇に閉口し、それでも世間知らずだったのでしょうね、「こんなもんでしょう」と一年続けた後で大学の講義が忙しくなったためにやめました。
次はもっと軽い、時間拘束の短い仕事をしようと思い立ち、大学構内でのアルバイトをはじめました。
新入生が親御さんと入学手続きに来るのを案内する仕事です。
作業としては難しいこともなく、時間もきっちり初めに説明された通りだったので、気楽にこなすことができました。
この仕事を終えたあとに体を壊してしまい、親や医師からアルバイト禁止令が出ました。
しかしわたしにはその当時、どうしても欲しい車があったために、親には内緒でまたアルバイトを探しはじめました。
しかし、体が辛いのも事実。
今回も軽作業に絞って探すことになりました。
今度はチェーンのアイスクリームショップです。
同僚には女性が多く、店長も若い方だったのですぐに馴染むことができました。
また、社割があったので、この当時のわたしは結構太っていたと思います(笑)。

そのほか、短期のアルバイトもしていましたね。夏には海の家、あとはお歳暮やイベントの時期、これからの時期はスキー場のアルバイトもありますね。スキー場のアルバイト探しはコチラでできますよ→スキー場アルバイト※大好きなスキー場で効率よく働いて楽しむ!

短期のアルバイトだと結構時給の良いので集中して働くそれなりのお給料がもらえていました。
就職活動を機にやめてしまったのですが、今でもこのアルバイトはもっと続けていたらよかったと思う楽しい仕事でした。

 

学習塾の事務アルバイト・短期アルバイト

Posted by: syun39

10月 8th, 2014 >> 未分類

とある地域密着型の学習塾(4校経営)の常駐の事務さんのお休みの日に代わりに事務をするアルバイトをしていました。

4校ともベースは同じなのですが、少しずつ事務員さんの色が出ていて、日によって仕事が変わるので柔軟な対応ができなといけないので大変でした。

あと、アルバイトで来る大学生の講師にもきちんとできる人とできない人がいるのでタイムカードの管理や教材の発注、生徒の出席など手のかかる講師もたくさんいて、本当に何で自分のことができない人が偉そうに人を教えているのか不思議な世界でした。それに、塾の中でも指導が凄腕と言われている大学生講師は、生徒に手を出していてそれをごまかすのも事務員の仕事であったり、本来の業務外のこともたくさんしてきた覚えがあります。経営者がかなりのいいかげんな(どんぶり勘定な)方だったので、こちらも保護者にはきちんと対応して、後で経営者やその奥さんになぜこういうことになっているのか問いただしたこともたくさんありました。

事務の仕事としては、生徒の出席管理や遅刻していれば連絡を入れたり、新規募集した生徒の問い合わせの対応、各校でもものの貸し借りなど一般事務とは少し違った面があります。雇用形態はアルバイトでしたが、かなり正社員並みのことをさせられていたと感じています。保護者の中には指導者を”先生さま”とあがめて受験戦争を有利にしようとする方や事務員の私にまでいい顔をしてお菓子を持ってきてくれたり、受験戦争も違う角度からみて楽しんでいました。

また、指導者の中にも事務員に対してまで偉そうになってしまっている人格的に可哀想な人もいて、何でも指示を飛ばしてくるのに腹が立つので先回りして用意していた覚えがあります。学習塾の事務員は”なんちゃって教師”さんたちのおかしな人間関係を観察している分には楽しんで仕事ができますよ。

そのほか、短期のアルバイトもしたことがあります。お中元、お歳暮の時期は商品の梱包・発送などのアルバイト募集があります。これからの時期はクリスマスやバレンタインなどイベントごとの短期アルバイトの募集も出てきますね。僕はクリスマス時期に彼女がいないことがなぜだか多かったのでよくクリスマス時期は短期のアルバイトをしていました(笑)※クリスマスアルバイト情報※高時給・高待遇のバイトの探し方。

寂しいなんて思わないでくださいね(笑)時給もそれなりに良いので無我夢中で働いていましたね!(^^)!

 

買いすぎに注意

Posted by: syun39

9月 20th, 2014 >> 未分類

私はだいたい、買い物するときの支払いはクレジットカード払いにしています。

クレジットカードの方が支払いも簡単ですし、お金が足りないかも…という心配をしなくてすむので便利ですよね。

ただ、ついつい買い物しすぎてしまうといった難点がありますが。。。

一応、気を付けながら買い物しているつもりなんですが、たまにやりすぎちゃったな…って後悔してしまう事があります(*_*)